鳥肌級の寒さ!「自称イケメン」にありがちな勘違い行動9パターン


自分に自信を持つのはいいことですが、中途半端な「自称イケメン」の自意識過剰な行動は、女性からの評判がすこぶる悪いようです。うっかり勘違いして悪印象を持たれたくなければ、どんなことに注意すればいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「鳥肌級の寒さ!『自称イケメン』にありがちな勘違い行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「女ってこういうの好きだろ」と女性を一括りにして断定する

    「経験豊富ぶろうとするくせに、言うことの底が浅すぎ」(20代女性)というように、女性全般に対して断定的なことを口にすると、浅はかさがバレてしまうようです。女性の前で軽々しく「オンナ心をわかっているつもり」な発言をしないようにしましょう。

  • 【2】自慢の「キメ顔」で写真を自撮りしまくる

    「鏡の前で練習してる姿を想像すると鳥肌モノ」(20代女性)というように、不自然な「キメ顔」の自撮り写真も、見栄えはどうあれ女性に嫌悪感を与えてしまうようです。作りすぎのイケメンよりも、自然体のフツメンのほうが一般受けはいいでしょう。

  • 【3】「俺から誘うのって珍しいよ」と上から目線で女性をデートに誘う

    「マジで何様なんだと思う」(20代女性)というように、「俺様キャラ」を思わせる極端な上から目線も、反感を買いやすいようです。女性に華を持たせるアプローチこそ、紳士のとるべき態度でしょう。

  • 【4】「こうされると嬉しいんだろ」と言わんばかりに女性の頭をポンポンする

    「すぐに頭を撫でたがる男が多い。ナメてんの?」(20代女性)というように、軽々しく女性の頭を撫でるのは、相手によっては逆効果のようです。撫でて喜ばれるのは、ある程度の「尊敬」や「信頼」を抱いてくれている女性に限られるでしょう。

  • 【5】リアルで「壁ドン」をするなど、現実にファンタジーを持ち込む

    「二次元と三次元の区別くらいつけてよ」(20代女性)というように、少女マンガのキャラ的なセリフや行動を意識しすぎても、女性に寒がられてしまうようです。マンガはあくまでもフィクションであり、現実の理想とは違うことを理解しましょう。

  • 【6】大しておしゃれでもないくせに、その日のコーディネートをSNSにアップする

    「アンタの服装なんて誰も興味ないってば」(20代女性)というように、外見やルックスについて自信を持ちすぎるのも問題視されるようです。ファッションセンスにこだわりがあるにしても、押し付けがましくアピールすると「ナルシスト」と思われるだけでしょう。

  • 【7】「今いる男のなかで誰が一番イケてる?」と女性に選ばせたがる

    「『どうせ俺だろ』みたいなドヤ顔に腹立つ。まともな男友達いなそう」(20代女性)というように、周囲の男性陣と比較して自分の魅力を確認するような言動は、人間性を疑われるようです。イケメンとして振る舞うなら、まず謙虚であることが肝心でしょう。

  • 【8】「仕事が忙しい」「交友関係が広い」などの自慢話を繰り返す

    「過剰なリア充アピールは冷める」(20代女性)というように、人生の充実ぶりをことさらに強調するような自慢話は、女性の冷笑を買うようです。自分を大きくみせようとしない「余裕」こそ、真のイケメンの条件といえるでしょう。

  • 【9】「俺って優しいでしょ?」など、自分を肯定させるための質問をする

    「褒めてほしがりな男はバカに見える」(20代女性)というように、自分の長所をことさらに肯定してほしがる発言は、女性に幼稚だと思われるようです。本当に長所であれば、自分からアピールしなくても理解されるもの。「沈黙は金」だと心得ましょう。

年齢や立場を問わず、男は誰でも「自称イケメン」の勘違いに陥ってしまう可能性はあるようです。明日は我が身と受け止めて、謙虚に振る舞いたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年9月9日から13日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock