恋愛対象外にされていた男性が、彼氏になれたきっかけとは?

1420879777900 200x200

多くの女性は初対面の男性に対して、恋愛対象になるか・ならないかを瞬時に判断しているようです。しかし、第一印象で恋愛対象にならないと判断されても、なぜかそのあと彼氏へと昇格している男性もいます。そこで今回は『オトメスゴレン』女性会員のアンケートを実施し、「女から恋愛対象外にされていた男性が、彼氏になれたきっかけ・ベスト3」を発表します。


【1位】女性が心底落ち込んでいるときに、側にいて精神的に支えた(88票)
・「優しく慰めてもらっているうちに、頼れる人だと思えた」(20代女性)
・「落ち込んでいたり、弱っているときに優しくされると、徐々に好きになっていく」(20代女性)
・「辛いことがあったとき、彼がずっとそばにいてくれた。いつの間にか好きになっていた」(20代女性)

【2位】とにかくストレートに「好きだ」と告白した(81票)
・「それまでは男として見ていなかった」(20代女性)
・「何も気にしていなかったのに、直接言われるとドキッとする」(20代女性)
・「正直、あまり意識していなかったけど、『好きだ』と言われてから意識するようになった」(20代女性)

【3位】二人きりになったとき、いつもと違う優しさをアピールした(64票)
・「普段はそっけない態度なのに、急に優しくされてドキッとした」(20代女性)
・「二人きりになった途端に優しくなるなんて…、ずるい。意識してしまう」(20代女性)
・「誰もいないときに、優しく接してきたのでドキドキした」(20代女性)


恋愛対象外の男性はあまり意識していないため、ちょっとした行動やきっかけで、急に女性のほうが意識してしまうこともあるようです。気になる女性がいるけれど、恋愛対象外と位置付けされている男性は、彼女を特別に思っていることをさりげなくアピールしてみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
対象:合計546名(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2014年12月20日現在