彼氏のことが一瞬で嫌いになり、別れを決意する瞬間とは?

1420878237596 200x200

昨日まであんなにラブラブだった彼氏なのに、ほんの些細なことでいきなり気持ちが冷めてしまう女性もいるようです。世の女性は、一体どんなときに、別れを決断するのでしょうか。今回は『オトメスゴレン』女性会員のアンケートをもとに、「一瞬で彼のことが嫌いになって、別れを決意する瞬間・ベスト3」を発表します。


【1位】自分が落ち込んでいるときでも、彼から何の励ましの言葉もなかったとき(80票)
・「気持ちを理解しない彼といても疲れるだけ」(30代女性)
・「もう気持ちが離れていってしまってるんだと思う。そうなるとお互いが辛い」(20代女性)
・「私に興味がないんだなというのが痛感できるから、こっちも冷めてしまう」(10代女性)

【2位】彼からデートの誘いなどがほとんどなくなったとき(75票)
・「会う時間を作ってくれない彼には愛されていない気がする」(20代女性)
・「本当に好きだったら、いくら忙しくても少しはあう時間を作ってくれると思う」(20代女性)
・「彼から一切誘いがこなくなった。他に好きな人ができたのではと思い、一気に冷めた」(20代女性)

【3位】ささいなことでも嘘をつかれたとき(71票)
・「彼を信じられずに疑心暗鬼になる」(20代女性)
・「なんでそんなどうでもことで嘘をつくの?どんどん信用できなくなっちゃう」(20代女性)
・「何か言えないことがあるんだなと思うけど、その時点で気持ちが萎えるし、別れようと思った」(20代女性)


男性からするとたいした問題でないことでも、女性からすると別れを決意する決定的な理由になってしまうことがあるようです。一度壊れた信頼関係を戻すのは至難のワザ。些細なことで彼女の別れスイッチを押してしまわないよう、気をつけたいものです。

【調査概要】
対象:合計485名(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2014年12月20日現在