苦手な食材が出た!レストランデートでのスマートな対応9パターン

誰しもひとつやふたつはある苦手な食材。子どものころはそれを皿の端っこによけて残していましたが、大人になった今、かつてと同じ行動を取るのは決してスマートとはいえません。それでは、一体どのような対応がベストといえるのでしょうか。今回は、「デート中、レストランで苦手な食材が出たときのスマートな対応9パターン」を紹介します。

  • 【1】注文の際、「○○を取りのぞいていただけますか?」と伝える

    女性は男性が食事を残すことをあまり好みません。したがって料理に苦手な食材が入っている場合は、食べる前にそれを取りのぞいてもらう方が、残すよりよい印象を与えます。スタッフに伝える際は、「残すのがもったいないので...」という一言を付け加えると、より大人の対応に映るかもしれません。