「この人、彼女持ちかも…」と女性に誤解される言動は?

1419164866325 200x200

気になる男性の言動には、かなり敏感になっているもの。そんな相手に、彼女がいるのかいないのか、直接は聞きにくい!というとき、女性は彼の言動から「彼女いそうだな」と判断することもあります。そこで今回は10代から30代の『オトメスゴレン』女性会員に聞いた「『この人、彼女持ちかも…』と女性に誤解される言動・ワースト3」を発表します。


【1位】ケータイのチェックがあまりにも頻繁なとき(256票)
・「メールが多かったりすると、彼女かなと思います」(30代女性)
・「一緒にいるときに小まめにケータイでメールを返されるのはちょっと嫌。そして他に女の子がいるんじゃないかと疑ってしまいます」(20代女性)
・「『いつも一緒にいる友達から、また飲みの誘いがきた』とか言われても、言い訳にしか聞こえないことがあるかも」(20女性)

【2位】薬指に指輪をはめているのがわかったとき(251票)
・「単純に彼女ができなければ身に着けないものだと思うから」(30代女性)
・「指輪をつけてるってことは、彼女がいる証拠。その時点で諦めてしまう…」(20代女性)
・「お洒落だとしても、薬指につけるのは警戒心が芽生えます」(30代女性)

【3位】女の子に対してあまりにも無関心で、全然アプローチしてこないとき(207票)
・「恋人のいる男性は、会話や雰囲気に余裕を感じる」(20代女性)
・「女の子に媚びたりすることもなく、どこか余裕ぶっている男性は、彼女がいるんじゃないかと疑ってしまうかも」(20代女性)
・「人数合わせで呼ばれたんだろうな~と。若干不愉快になるからやめてほしいかも」(30代女性)

せっかく出会った男性に彼女がいたら、下手に動くことができないのが乙女心。指輪はもちろん、あまりにもそっけなかったり、心ここにあらずな態度が、「彼女がいるのでは?」と疑わせます。「そんなはずじゃなかった…」とならないように、女性の影を徹底的に臭わせないことが、新しい出会いには必須なようです。

【調査概要】
対象:1530票(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2014年11月16現在