デートの誘いを断らない女子が発する「本音は嫌」のサイン9パターン

デートの誘いに、理由をつけて即答しなかったり、土壇場でキャンセルする女の子は、実は遠回しに断っているのかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「デートの誘いを断らない女子が発する『本音は嫌』のサイン9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「風邪気味だから微妙かも…」と体調の悪さをほのめかす

    「本当に好きなら、風邪ぐらい気合いで治して行く(笑)」(20代女性)というように、疲れや体調を持ち出すのは、デートの優先順位がその程度だと意味しているのかもしれません。とりあえず「温かくして大事にしてね」と優しい言葉をかければ、次回につながる可能性はあるでしょう。