同窓会で「都会慣れがウザッ!」と反感を買う瞬間9パターン

進学や就職を機に故郷を離れた人にとって、帰省して昔の仲間に会うのは何よりの楽しみなのではないでしょうか。とはいえ「都会慣れ」がアダとなり、地元女性から総スカンを食らう危険が潜んでいることを忘れてはならないようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「同窓会で『都会慣れがウザッ!』と反感を買う瞬間」をご紹介します。

  • 【1】地元の友人が相手なのに、いきなり標準語でしゃべりだしたとき

    「『おー、久しぶり!』って何?徳島県民なら『えっとぶりやなあ』やろーって感じです」(10代女性)というように、ドラマの登場人物みたいな標準語で周囲の度肝を抜くパターンです。都会に魂を売ったと思われたくなければ、むしろ意識して方言を使ったほうが良いかもしれません。