「今年もダメだったか…」と反省している恋の未達目標9パターン


恋愛において「今年こそは!と意気込んでいたこと」が達成できなかった人は、意外と多いのではないでしょうか。そこで今回は10代から20代の独身男性197名に聞いたアンケートを参考に「『今年もダメだったか…』と反省している恋の未達目標」をご紹介します。

  • 【1】女の子受けするイメチェンに成功し、モテるようになる!

    「大学デビューを目指したけどモブキャラのまま」(10代男性)というように、イケてる男への変身を目指したのに、浮いた話もなく一年が終わるパターンです。本気で変わりたいなら、来年こそはショップスタッフや美容師さんなど、頼れるアドバイザーを見つけるといいかもしれません。

  • 【2】体を鍛えて女の子の視線に耐えるボディを手に入れる!

    「お腹まわりに『浮き輪』のような脂肪…」(20代男性)というように、今年こそはと肉体改造を決意しても、三日坊主で終わる男性は多いようです。短期間で無理な目標を立てるより、「最低でも週1でジムに行く」といった地味なノルマをコツコツ積み上げていくのが成功の秘訣でしょう。

  • 【3】出不精をやめて、アウトドア系の趣味を作る!

    「家でゲームばかりしてるうちに一年が終わってしまった…」(20代男性)というように、そもそもインドア派の男性が、行動パターンを変えようとして、何一つ踏み出せなかったケースです。アウトドア系の雑誌をファッションの参考にするなど、見た目から入るのもアリでしょう。

  • 【4】女の子に電話番号を教えてもらったら、必ず一度は連絡する!

    「いざ実行する段になると、『声が震えるんじゃないか…』と思って、結局何もできず!」(10代男性)というように、連絡先を宝の持ち腐れにしてしまい、悔やむ人もいます。とはいえ用事がないのに電話するのは難しいので、来年は気になる女性と「SNSでつながること」を目指してみてはいかがでしょうか。

  • 【5】合コンで出会った女の子と、後日二人きりで会う約束をする!

    「結局、断られるのが怖くて…弱い男です」(20代男性)というように、傷つくのが怖くて、せっかくのチャンスをみすみす逃してしまったケースです。「誘うぞ」と意気込みすぎるより、共通の話題や趣味を見つけながら、反応をうかがうのが現実的かもしれません。

  • 【6】好きな女の子ができたら、勇気を振り絞って告白する!

    「絶対行けるはずなのに、怖気づいてしまう」(10代男性)というように、好きな女の子に想いを告げられないまま、一年が過ぎてしまった人もいます。「告白する!」と自分にプレッシャーをかけるよりも、何でも話せる関係を目指したほうが交際への近道になりそうです。

  • 【7】テーマパークでベタなデートを体験する!

    「行った人の話とか聞くと羨ましいんです!」(10代男性)というように、王道デートを経験できずに、妄想ばかりが膨らむうちに、気付けば年の瀬だったパターンです。年が明けたら、「告白」や「彼女作り」などとハードルを上げすぎずに、まずは「女の子と出かける」ところから挑戦するといいでしょう。

  • 【8】クリスマスやバレンタインなどのカップルイベントを彼女と過ごす!

    「2年連続、クリスマスは朝まで麻雀でした。女の子のぬくもりが恋しい!」(20代男性)というように、カップルイベントを機に「来年こそは」と心に誓った人もいます。とはいえ、焦りすぎてもいいことはないので、自分のペースで相手を探したいものです。

  • 【9】今年中に絶対に彼女をつくる!

    「『高校生のうちに初カノがほしい!』と思っていたのに…」(10代男性)というように、目標期限内に彼女ができず意気消沈した人も多いようです。ただ願うだけでなく、「積極的に話しかける」「男を磨く」などの行動を伴うようにすると、来年は女の子の反応も変わるかもしれません。

自分にプレッシャーをかけるより、「挨拶をする」「オシャレをする」など、すぐにできることへの取り組みが、結局は目標達成の近道になりそうです。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年8月6日から13日まで
対象:合計197名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock