「ただの同僚」だった男性が恋人候補になったキッカケ9パターン

  • 【4】過去の恋バナなど踏み込んだ話題で盛り上がったとき

    「やっぱり一人の男なんだなぁって意識しちゃう」(20代女性)など、お互いの恋愛話で盛り上がると、異性としての印象が強まるようです。同僚ともなれば世間話をする機会は多そうですが、色っぽいネタは、できれば二人きりでいるときに自然と繰り出したいものです。