「ただの同僚」だった男性が恋人候補になったキッカケ9パターン

職場恋愛には面倒な気遣いが付きものゆえ、避けたがる女性は少なくありません。とはいえ、男女が長い時間をともにする「会社」が、恋愛感情の芽生えやすい空間であることも事実でしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「『ただの同僚』だった男性が恋人候補になったキッカケ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ミスをさりげなくフォローしてくれるなど、特別扱いを感じたとき

    「『守ってくれた』って感じると見る目が変わる」(20代女性)など、仕事中に「特別扱い」を感じると、意識が変わるという女性は多いようです。ミスを助けて一緒に残業するなど、周囲にバレない程度のさりげない「特別感」を演出してみるとよさそうです。