忘年会で同僚男性を「恋愛対象としてアリ」と意識した瞬間9パターン

年末のこの時期、職場の忘年会で好印象を振りまけば、それまで自分をただの同僚としか見てくれなかった女の子が、あらためて異性として意識してくれるようになるかもしれません。そこで今回は、インターネットユーザーの独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「忘年会で同僚男性を『恋愛対象としてアリ』と意識した瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「データ整理お疲れさん!」とその年一番の成果を褒められたとき

    「とっても頑張った仕事だったので、なんだか報われた気がした」(20代女性)というように、自分の仕事ぶりを認めてもらえるのは、誰しもうれしいものです。「フォーマットもすごくわかりやすくなった」などと具体的に評価すれば、言葉に真実味が増しそうです。