「牛丼店に不慣れな女性」を楽しませるエスコート術9パターン

  • 【6】「生卵よりも温玉のほうがマイルドかも」など、自分なりのアレンジ術を伝授する

    「上級者っぽい食べ方を教えてくれると楽しい」(10代女性)など、経験に裏打ちされたアレンジ術に期待する女性もいるようです。「つゆだくが常識」などと個人的な意見を押し付けるより、軽いアドバイスのノリのほうが好印象でしょう。