「牛丼店に不慣れな女性」を楽しませるエスコート術9パターン


学生やサラリーマンで賑わう牛丼店は、いわば「男のテリトリー」。一人では入りにくいと感じる女性が多いだけに、じつは新鮮な体験をプレゼントするにはうってつけの場所でもあります。近所だろうが安かろうが、女性に「また行きたい!」と言わせるためには、どんな気遣いが必要なのでしょうか。そこで今回は、10代から30代の独身女性203名に聞いたアンケートを参考に「『牛丼店に不慣れな女性』を楽しませるエスコート術9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「15分で満足できるから!」など、とにかく前向きな説明で気分を盛り上げる

    「牛丼が手抜きや妥協だと思わせないでほしい」(20代女性)というように、まずは前向きなプレゼンで女性を乗り気にさせてしまいましょう。「どこに行っても安定して美味しい」など、牛丼店ならではの魅力をアピールしたいところです。

  • 【2】「ここは洋風のものもあるから」など、メニューが豊富な店に連れて行く

    「がっつり系以外のメニューもあるとうれしい」(10代女性)というオトメゴコロを満たせる店を選べば、がっかりされる心配もありません。たとえ女性が定番を外した「紅鮭定食」などを注文しても、「邪道だよ」と突っ込むのではなく、「美味しそうだね」と肯定の笑顔を向けましょう。

  • 【3】「この店舗のこの時間帯の牛丼が格別なんだ」と、上級者の情報を披露する

    「マニアックな情報を聞くと特別感が増す」(20代女性)というように、他店との味の違いを教えてあげると女性の好奇心を刺激できそうです。入門編として各チェーン店の特徴をざっくりと語るだけでも女性に感心されるでしょう。

  • 【4】彼女が座るイスの埃をさりげなく払い、座りやすい位置に移動してあげる

    「たとえ牛丼店でも女性扱いしてくれるとうれしい」(10代女性)など、ちょっとした気遣いで女性は満たされるものです。メニューを見やすいように広げてあげたり、箸を取ってあげるなど、不慣れな女性が戸惑わないようにリードしましょう。

  • 【5】「オススメはこれだよ」など、人気メニューや頼み方を教えてあげる

    「何を頼むか迷ってしまいそうだから」(20代女性)と、戸惑う女性をサポートしてあげるのも男性の役目です。女性の好みに合わせて、牛丼以外の定食メニューやサラダなどのサイドメニューの存在を教えてあげましょう。

  • 【6】「生卵よりも温玉のほうがマイルドかも」など、自分なりのアレンジ術を伝授する

    「上級者っぽい食べ方を教えてくれると楽しい」(10代女性)など、経験に裏打ちされたアレンジ術に期待する女性もいるようです。「つゆだくが常識」などと個人的な意見を押し付けるより、軽いアドバイスのノリのほうが好印象でしょう。

  • 【7】「昔は部活の仲間と通ってたよ」など、思い出トークを繰り広げる

    「男っぽい思い出も牛丼店で聞くと味わい深い」(20代女性)など、シチュエーションを生かした青春エピソードを披露するのも、女性の興味を引きそうです。食事に集中できるように、牛丼が運ばれてくるまでの短時間にまとめましょう。

  • 【8】「使う?」と言って、七味や紅ショウガを手の届く位置に持っていく

    「『気が利くな』と感心する」(10代女性)など、七味や紅ショウガを差し出してあげることで優しさをアピールするパターンです。「味が変わるから飽きないよ」などと、挑戦してみたくなるようなコメントでテンションを上げてあげましょう。

  • 【9】食べるペースを女性に合わせてあげる

    「男性客ばかりで自分だけ食べるのが遅いと焦ってしまいそう」(10代女性)という女性の不安を解消するべく、食べるペースを合わせてあげるのも、忘れてはなりません。せめて「ゆっくり食べてね」と声をかけるなど、女性が和めるような雰囲気を演出したいところです。

注文方法や食べ方だけではなく、女性を見守る気遣いが求められているようです。平凡な牛丼店でもスペシャル気分を味わえるようなエスコートを心がけましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計203名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock