「牛丼店に不慣れな女性」を楽しませるエスコート術9パターン

学生やサラリーマンで賑わう牛丼店は、いわば「男のテリトリー」。一人では入りにくいと感じる女性が多いだけに、じつは新鮮な体験をプレゼントするにはうってつけの場所でもあります。近所だろうが安かろうが、女性に「また行きたい!」と言わせるためには、どんな気遣いが必要なのでしょうか。そこで今回は、10代から30代の独身女性203名に聞いたアンケートを参考に「『牛丼店に不慣れな女性』を楽しませるエスコート術9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「15分で満足できるから!」など、とにかく前向きな説明で気分を盛り上げる

    「牛丼が手抜きや妥協だと思わせないでほしい」(20代女性)というように、まずは前向きなプレゼンで女性を乗り気にさせてしまいましょう。「どこに行っても安定して美味しい」など、牛丼店ならではの魅力をアピールしたいところです。