彼女を傷つけずに「正直、君は重すぎる!」と伝える一言9パターン

彼女からの愛情表現がディープすぎると、最初はうれしくても次第に相手をするのが面倒になってしまうもの。とはいえ、下手にダメ出しすると、逆ギレされてしまうおそれもあるでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性452名に聞いたアンケートを参考に「彼女を傷つけずに『正直、君は重すぎる!』と伝える一言9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「もう少し気楽にいこうぜ」と、軽くたしなめる

    「お互いに疲れないために、優しい言葉でブレーキをかけてあげる」(20代男性)というように、暴走気味の彼女にやんわりとリラックスを促すパターンです。「君との関係を長続きさせたいからさ」など、前向きなフォローを入れれば素直に聞いてもらえるでしょう。
  • 【2】「本当にかまってちゃんだね」と、笑顔でからかう

    「愛を込めれば遠回しに否定しても大丈夫なはず」(10代男性)というように、ネガティブな言葉も笑顔に包んで発すれば、ショックを和らげることができそうです。たとえ気まずい空気になったとしても、「カワイイけど調子に乗るなよ」と上手に釘を刺しましょう。