自分に好意を抱いている女性に「誤解を招いてしまった言葉」とは?

1414635796283 200x200

気になる女性となんとか仲良くすることに成功したのに、自分のふとした発言により、気がないと勘違いさせてしまったなんて経験をされたことはないでしょうか。今回は『オトメスゴレン』女性会員のアンケートをもとに、「自分に好意を抱いている女性に「誤解を招いてしまった言葉」・ワースト3」を発表します。


【1位】仕事最優先の「今は仕事が一番大切!」 (209票)
・「私が入る隙がない気がする」(20代女性)
・「私の前で言われると、『今は付き合う気ないから』と言われた気になってしまう」(20代女性)
・「それじゃあ私は何?って思うかも。仕事頑張ってね、で終わるかな」(20代女性)

【2位】友達優先に聞こえる「男同士で遊ぶのが一番楽しい」(148票)
・「友達よりも優先順位が低くなりそうで嫌」(10代女性)
・「付き合ってからの自分の位置関係が分かりそうだから、お付き合いはパスかな」(20代女性)
・「付き合う前からそれ言われると、さすがに付き合う気にはならない」(20代女性)

【3位】自分の世界を大切にしていそうな「一人でいるときが一番楽でいい」 (145票)
・「女はメンドくさいって思ってそう」(20代女性)
・「付き合ったとしても、ほとんど家に引きこもってそう」(20代女性)
・「だったら一人でいれば?と思う。なんか面倒くさそう」(20代女性)


せっかく気になる女性と仲良くなれても、何気ない一言により、女性から勘違いされてしまうこともあります。言い方次第で女性の捉え方も変わるため、例えば「仕事が一番大切」と言い切るのではなく、「仕事も楽しい」くらいの表現にすると良いでしょう。

【調査概要】
対象:合計1137名(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2014年10月6日現在