元カノが別れ際に放った「トラウマ級の暴言」9パターン

恋人同士の別れ話は、一度火がつくと口喧嘩になりやすいのが怖いところ。ムダに傷つけ合うことを避けるためにも、男たるもの彼女からどんなセリフを吐き捨てられても受け止める覚悟を持っておきましょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性391名に聞いたアンケートを参考に「元カノが別れ際に放った『トラウマ級の暴言』9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「最初から好きじゃなかったし」と、恋愛感情がなかったことを暴露する

    「甘酸っぱい思い出をすべて否定された気がして、頭の中が真っ白になった」(10代男性)というように、「そもそも論」を用いて交際の意義を全否定されるパターンです。次の恋愛では告白までに時間をかけるなど、付き合う前からじっくり信頼関係を築きましょう。