男同士の友情において、女子が理解できないポイント9パターン


男同士の熱い友情は、女子から見ても憧れるもの。しかし、なかには女子の感覚と離れすぎていて、理解できないこともあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に、「男同士の友情において、女子が理解できないポイント」をご紹介します。

  • 【1】遊びに誘われたら、彼女との約束より友達を優先させる

    「女同士なら恋人を優先させるのに、男は絶対それをしない」(20代女性)など、彼女よりも友達を優先する意味が分からないという意見です。彼女をほったらかしにしすぎると「私ってなんなの?」と思われてしまうので気をつけましょう。

  • 【2】殴り合いのケンカをした翌日、その友達と普通に飲みに行ける

    「切り替えが早くてうらやましいけど、女では絶対ありえない」(20代女性)など、ケンカ後にまったくわだかまりが残らないことも女子には理解できないようです。ケンカのことを心配されたら、「本気で殴り合った相手だからこそ心から認め合える」と教えてあげましょう。

  • 【3】「付き合いだから」といって、予定があっても友達からの誘いを絶対に断らない

    「断らないのが暗黙のルールみたいだけど、別の日にゆっくり会えば良くない?」(30代女性)など、都合をつけてなんとか友達と遊ぼうとするところも理解されないようです。「今日しか会えないんだよ」といったフォローの言葉があると、「それならしょうがないね」と思ってもらえるでしょう。

  • 【4】一緒にいるのに、ほとんど会話をしていない

    「なんのために一緒にいるのかと思う。本当に楽しいの?」(20代女性)など、一緒にいるのにお互いの世界を貫いている様子に疑問を抱くこともあるようです。女子に不思議がられたときは、「会話がなくても男同士は大丈夫」と話してあげましょう。

  • 【5】誕生日や血液型など、お互いの基本的なことを知ろうとしない

    「プライベートには干渉しないのに、なんで一緒にバカ騒ぎできるの?」(30代女性)など、仲がいいのにお互いの基本情報を知らないのは、女子の世界ではありえないことのようです。男同士ではプロフィールよりもフィーリングが大事なのだということを強調しましょう。

  • 【6】友達の元カノとも、平気で付き合える

    「女だったら友達の元カレとか気にするのが普通なのに!」(20代女性)など、友人内で恋愛関係が複雑になっても気にしないのも、女子には不思議なことのようです。「色々知っているからこそ付き合える」などと、それらしい理由を用意しておくといいでしょう。

  • 【7】前もって予定を決めず、行き当たりばったりで遊ぶ

    「いきなり『今から遊ぼう』って誘い合ってなぜ集まれるの?」(10代女性)など、予定を決めておきたい女子にとっては、行き当たりばったりの行動もありえないことのようです。女子と遊ぶときは、急な誘いにならないよう気をつけましょう。

  • 【8】どうでもいい話を、何時間も熱く語り合う

    「同じ話題でなぜそこまで熱くなれるのか謎」(10代女性)など、男同士では盛り上がる話でも、女子にとってはどうでもよく思える場合があるようです。ゲームやスポーツなど女子が苦手な話題は、分かりやすく解説してあげると共感してもらえるかもしれません。

  • 【9】別れ際のあいさつが、あっさりしすぎている

    「男同士は『じゃあね』で終わり。なんか味気ない」(30代女性)など、女子は別れを惜しむのに対し、男性の去り際は淡白すぎるという意見もあります。「男同士でいつまでも別れを惜しんでたら気持ち悪い」と言えば、女子も納得するでしょう。

「男同士の友情において、女子が理解できないポイント」には、ほかにどのようなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock