お店で一目惚れ!自分のことを覚えてもらうアピール方法とは?

1412682482428 200x200

行きつけのお店で女性に一目ぼれしてしまった場合、どのようにアピールをすれば良いか悩むものです。自分のことを印象付けるためにはどんなことをすればいいのでしょうか。今回は『スゴレン』男性会員のアンケートをもとに、「お店で一目ぼれした女性に、自分のことを覚えてもらう方法ベスト3」を発表します。


【1位】覚えてもらえるよう毎日顔を合わせる(47票)
・「目と目を合わせてこちらの存在をアピールする」(10代男性)
・「とにかく毎日通って顔を見せる」(20代男性)
・「印象付けるために、一日一回、ばっちり目を合わせるようにしている」(20代男性)

【2位】目が合ったら「よくお見かけしますね」と声をかけてみる(47票)
・「何度も目が合った上ですけど、レジに並んでる時とか飲み物を待ってる時とかに話しかける」(20代男性)
・「向こうがこっちを認識しているか確認した上で、会釈などがあればしゃべりかける」(20代男性)
・「何度も目が合うようになっていたら、最初にこちらからニコッと笑いかける」(20代男性)

【3位】カフェやコンビニでは毎回同じものを注文する(44票)
・「相手にとって『○○の人』と印象づけられたら勝ち」(20代男性)
・「頼まなくても『〇〇ですね』と言わせたら、あともう少し」(20代男性)
・「向こうから『いつものですね』といってくれるまで、とにかく毎日注文し続ける」(20代男性)


一目ぼれをした相手に自分のことを覚えてもらうには、毎日同じ時間に同じものを頼み、目が合うと笑いかけるようにする、といったシンプルな行動をしている人が多いようです。奇抜な行動をするより、徐々に彼女との距離を縮めていきましょう。

【調査概要】
対象:合計270名(『スゴレン』男性会員)
方法:インターネット調査
※2014年9月19日現在