辛いことがあったとき、彼氏から掛けてもらいたい一言9パターン

愛する彼女が何かに思い悩んでいるとき、どんな言葉をかけたらいいのか考えてしまう人は多いでしょう。弱っている彼女にとって、どんなねぎらいの言葉が心に響くのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「辛いことがあったとき『彼氏のおかげで救われた!』と感じる一言」をご紹介します。

  • 【1】頭を撫でながらの「大丈夫だよ」

    「よしよしされたらそれだけで元気出る」(10代女性)というように、励ましながらの優しいスキンシップを望む女の子は多いようです。撫でるだけでなく、頭を軽くポンポンするのも彼女の心を温かくするでしょう。