【ランキング】女性が「イケメンは苦手なんだ」という本当の理由ワースト3

1410938107154 200x200

「カッコいい男性は女性に人気」のはずが、案外苦手意識を持たれていることも多いよう。自分がイケメンでないと思っている男性にとって、これは好都合な話。しかし相手の女性がどんなところにイケメン苦手意識を持っているのか知っておきたいところです。そこで今回は10代から30代の『オトメスゴレン』女性会員に聞いた「女性が『イケメンは苦手なんだ』という本当の理由ワースト3」を発表します。


【1位】自分に自信がなさ過ぎて「イケメンとは釣り合わない」と最初からシャットアウトしている(27票)
・「一緒に歩くたびに『彼女はブスだな』と言われそうで嫌だ」(20代女性)
・「自分の見た目がいまいちすぎて、イケメンの彼には不釣り合いだと思っているので」(20代女性)
・「普通の顔の人のほうが気が楽。あまりにもイケメンだとなんか申し訳なくなります」(30代女性)

【2位】好きでいてもらうために自分が頑張るのが辛いから(19票)
・「自然体で付き合えるか不安。自分がいつも頑張っているのは疲れてしまいそうでいやだ」(20代女性)
・「見た目よりも癒しを求めたい。一緒にいていつもそわそわしたり、背伸びしなくちゃいけないのは窮屈です」(30代女性)
・「モテすぎる彼氏って幸せなのか不幸なのかわからない。いつも周りを警戒しているのがいやです」(30代女性)

【3位】イケメンが相手だと弄ばれそうだから(18票)
・「本気で自分のことが好きなのか不安になる」(20代女性)
・「イケメンすぎると女性も寄ってくるだろうから、自分と簡単に別れたり、ただ遊んでおわるってことだらけだと思うと…」(20代女性)
・「自分なんか好きになるわけないのに、体目当てなの?と、警戒してしまう」(30代女性)


自分の彼氏がイケメンだったら…と常に妄想は膨らむ半面、それが現実になると不安だらけ。自分がもっと頑張らなきゃと思ったり、比較されてしまったり、他の女性の影に悩まされたりと、様々なリスクがあるのも事実。イケメンでなくても、人には必ず長所があるはず。そのいい面を活かし、女性にアプローチしていきましょう。

【調査概要】
対象:128票(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2014年8月24日現在