【ランキング】「恋愛のことは考えたくない!」と女性が思う瞬間ベスト3

1410937986005 200x200

人生にとって重要な一部である恋愛…。しかし、ときに向き合うことに疲れたり、時間がなかったりもするようで、そんな女性にアプローチしても空振りしてしまう可能性があります。そこで今回は10代から30代の『オトメスゴレン』女性会員に聞いた「『恋愛のことは考えたくない!』と女性が思っている瞬間ベスト3」を発表します。


【1位】好きな人にこっぴどく振られたり、大失恋の直後のとき(144票)
・「もう誰も好きになりたくない。今はそっとしておいてほしい」(20代女性)
・「恋愛に対して拒絶反応。どう頑張っても人を好きになれない」(30代女性)
・「深く傷付いている心を癒やすのは次の恋愛だというけれど、うまくはいかない。そもそも男性とそういう関係になることに憶病になってるので…」(30代女性)

【2位】過去の恋愛の失敗を思い出し、反省しているとき(122票)
・「元彼に振られたショックを忘れられるまでは、別の人と付き合うのは無理」(20代女性)
・「過去の失恋を引きずっているので、次に進むことがなかなかできない。恋はしたいのに、どうしても心が追いつかないんです」(20代女性)
・「正直彼を失ったことがかなりダメージ大きすぎて、次に行こうなんて思えない」(20代女性)

【3位】仕事が絶好調で忙しすぎて、恋愛に目が向かないとき(110票)
・「恋愛がうまくいかないと仕事にも悪影響がでるので、今は一人でいいと思っています」(20代女性)
・「仕事がてんてこ舞い過ぎてそれどころではない。恋愛はしたいけど、傷ついたりして仕事が手に付かないのはいやだなぁ」(20代女性)
・「仕事が充実していると私生活も充実。恋愛していなくても十分毎日満たされる」(30代女性)


大失恋の後は深く傷つきすぎて恋愛をする気はおきないし、仕事や私生活が順調だと恋愛は必要ないかな・・・と考えていることも。恋愛をしたくないのではなく、恋愛のタイミングではないということのようです。まずは友達になって仲良くすることから始め、タイミングを見計らった方が良いかもしれません。

【調査概要】
対象:809票(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2014年8月23日現在