【ランキング】知り合ったばかりの女性から、「もっとLINEを続けたい!」と思われるために気をつけたいポイントベスト3

1410610548908 200x200

知り合って挨拶LINEは送ったものの、それ以降のLINEを続けるのは案外難しいことが多いですよね。社交辞令でせっかくの出会いが終わらないようにするために、女性が「この人とならやりとりを続けたいかも」と思うポイントを知りたいもの。そこで今回は10代から30代の『オトメスゴレン』女性会員に聞いた「知り合ったばかりの女性から、『もっとLINEを続けたい!』と思われるために気をつけたいポイントベスト3」を発表します。


【1位】一回のLINEにいくつも質問しない(27票)
・「『趣味はなに?いまなにしているの?』なんて質問攻めされると、がっつかれている感じがして無理」(20代女性)
・「あまりにも積極的だと引いてしまうから、質問はちょっとずつにしてほしいです。」(20代女性)
・「ほどよいLINEでないと続かない。あまりにも向こうがテンション高くて質問ばかりだと、こっちも面倒になってきて心が離れていくかも」(20代女性)

【2位】女の子からLINEの返事が早くても、調子にのらない(同票27票)
・「LINEを返すことは礼儀。ただそれだけなのでそれ以上を期待されてテンション上がられても困ります」(20代女性)
・「返事を早く返したら、即レスの嵐。もう少し放っておけばよかったと後悔します」(20代女性)
・「すぐに返事したら、調子に乗ってLINEを続けようと必死な感じが萎えます」(30代女性)

【3位】LINEは会うための連絡のツールとしてのみ使う(18票)
・「直接会って話すのが一番。LINEでももちろん仲良くなれるけど、そのうちに面倒になったりしてやり取りがなくなる」(20代女性)
・「LINEだけだと仲良くなれない。いつの間にかどちらともなく終わっていることが大半」(30代女性)
・「自分自身がそんなにマメなタイプではないので、LINEは連絡ツールとして使ってほしいです」(30代女性)


挨拶だけの社交辞令LINEだけで、なかなか次に続かない…そんなときに焦って即レスしたり、質問攻めをしてしまったら、逆に相手の女性を遠ざけてしまう可能性もあります。積極的に連絡はとりつつも、あくまでもLINEでのやりとりではなく、会うことを目標にしましょう。

【調査概要】
対象:129票(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2014年8月22日現在