【ランキング】「恋愛はしばらくしたくないな」と思っていたのに、恋する気持ちが再燃した瞬間ベスト3

1408885166049 200x200

大失恋をしたり、仕事が忙しかったりして、恋愛はしばらくお休みしようかなと思っていた女性が、ふとした瞬間にときめきを感じることも。そこで今回が10代から30代の『オトメスゴレン』女性会員に聞いた「『恋愛はしばらくしたくないな』と思っていたのに、恋する気持ちが再燃した瞬間ベスト3」を発表します。


【1位】「もう恋はしない」と宣言していたのに、男性に猛アタックされた(83票)
・「最後は根負け。恋愛に後ろ向きになっていたけど、相手の熱意にやられてしまいました。これだけ愛されてるなら幸せになれるかなって思って」(20代女性)
・「あまりにもしつこいから『もう連絡しない』って宣言したけど、いざいなくなるとこっちが寂しくなってしまいました」(20代女性)
・「振られてかなり落ちこんでいたので今後恋愛は当分いいとおもっていたけど、自分をこんなに好きになってくれる人にはもう出会えないかもって思ってOKしました」(30代女性)

【2位】男友達だと思っていたのに、メールのやりとりを重ねて親近感がわいた(79票)
・「メールの回数が増えると、相手のことを考える時間も増えるから気付いたら好きになっていました」(10代女性)
・「なんでも話せる男友達なだけあって、メールの頻度が増えて自然と意識するようになった」(20代女性)
・「相談してるうちに二人で会う約束なんかしちゃって、四六時中連絡とるもんだから、落ち着く存在に変化。もう恋はできないと思ったけど、案外すんなり受け入れている自分がいた」(30代女性)

【3位】昔片想いしていた人からデートに誘われた(74票)
・「大失恋でもう男はこりごりだったのに、再会したらすぐに付き合うことになった(笑)」(20代女性)
・「前好きだった男性からデートに誘われてイヤな気はしない。そのまま会う頻度が増えて結局また好きになっていました」(20代女性)
・「友達以上恋人未満な微妙な距離が一気に縮まるって、すごくときめく!」(30代女性)


こっぴどく振られ恋する勇気を失っていたり、仕事や習い事など私生活が充実していて恋愛に興味がない女性でも、ちょっとしたきっかけで「また人を好きになりたい」と思うことがあるようです。まずは気になる女性にちょっとずつアピールし、仲の良い関係を築いていくといいでしょう。

【調査概要】
対象:560票(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2014年8月20日現在