【ランキング】彼氏からの嫉妬に「愛されている気がする」と嬉しくなる瞬間ベスト3

1408026725680 200x200

女性は彼氏からの嫉妬に「幸せ」を感じることがあるようです。では、どんなやきもちを焼けば愛情として捉えてくれるのでしょうか? そこで今回は『オトメスゴレン』女性会員に聞いた「彼氏からの嫉妬に『愛されている気がする』と嬉しくなる瞬間ベスト3」を発表します。


【1位】お互いの時間の都合を理解した上で「でも本当はいつも一緒にいたい」と言われたとき(225票)
・「本音がポロッと出ちゃった感じがいいです!」(20代女性)
・「お互いの一人の時間は大切にしよう、でも本音は離れたくないなんて言われたら、キュン死。会いたいという言葉が一番嬉しいです」(20代女性)
・「クールにお互い一人の時間も大事だし、と言っておきながらこの甘え方はずるい」(30代女性)

【2位】大勢で遊びに行く時に「男も来るの?」と不安そうに聞いてくるとき(172票)
・「いたところで何も起こりっこないのに、そんなことで心配しちゃってかわいい」(10代女性)
・「相当私の事が好きなんだなと伝わってきて嬉しい!他の男になんか目移りしません」(20代女性)
・「何気に心配してるんだとわかり、改めて愛されてる感じが伝わっていい」(30代女性)

【3位】ちょっとだけ言いにくそうに「できれば、ほかの男とあんまり話さないでほしい」とお願いされたとき(155票)
・「遠慮がちな感じで嫉妬されるのは悪くないですね、可愛いです」(20代女性)
・「『他の男と話すな』と命令口調で言われるのは上から目線すぎてムカツクけど、素直に心配している感じなら逆に嬉しい」(20代女性)
・「そこまで神経質にならなくても、と思いつつ、少しでも離れるだけで不安になるなんて、自分はすごく愛されているんだなと実感できる」(30代女性)


喧嘩に発展しそうなほどの嫉妬は女性を困らせてしまい、関係性を悪くしてしまうかもしれません。しかし「好きだから嫉妬してしまうんだ」と素直な気持ちをぶつける事は逆に「愛されているんだな」と彼女を安心させたり、幸せな気持ちにさせたりといい効果があるようです。

【調査概要】
対象:1048票(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2014年7月21日現在