「女子って面倒だな…」と感じる瞬間あるある7パターン


男性が交際中の彼女に対して「面倒くさいな…」と感じるのはどういうときでしょうか。今回は、10代から30代のスゴレン男性読者に、「『女子って面倒だな…』と感じる瞬間」を紹介します。

  • 【1】メールや電話の返事が遅れただけで怒るとき

    「連絡への即レス=愛情」だと思ってしまうのが女性の心理。連絡を怠っていては彼女を不安にさせているかもしれないので、連絡は小まめにとったほうがよさそうです。

  • 【2】デートなどでわがままばかり言われるとき

    自分がわがままだという自覚がない女性には「今日は僕に一日プロデュースさせて!」と提案してうまくわがままを回避しましょう。

  • 【3】勝手に不機嫌になっているとき

    女性とはときに理由もなく不機嫌になってしまうもの。ケンカを避けたいなら、イライラしている間は彼女と接触を避け、嵐が去るのをじっと待ったほうが賢明です。

  • 【4】ほかの女子と話すだけで浮気!と責められるとき

    他の女子に嫉妬したり、拗ねたりするのは「かまってほしい」の裏返しだと思って許してあげましょう。

  • 【5】化粧や着替えなどに時間をかけるとき

    一緒にいるのに、待たせないで!と思っても我慢我慢。万全の状態であなたの前にいたい乙女心を分かってあげましょう。

  • 【6】買い物デートで「似合う?」と聞くくせに買わないとき

    「彼の好みに染まりたい!」と思っていると、なかなか決められないものです。

  • 【7】悩みを打ち明けられアドバイスしたら、逆に不機嫌になったとき

    アドバイスされるより、ただじっと話を聞いて心に寄り添ってほしいのが女性の本音です。「あなたが自分の味方なんだ」と認識したくて打ち明けているのです。

理解に苦しい彼女の行動や発言に「面倒だな…」と思ってしまう人は多いと思います。しかし、親密になればなるほどワガママになったり、不機嫌になったりと感情をさらけ出すのが女子です。大きな心で受け止めてあげるだけで、いざこざがなくなるかもしれません。
Photo:All images by iStock