彼女に手料理をふるまってもらうためのお願いトーク9パターン

愛する彼女が腕によりをかけて作ってくれた料理は、外食では味わえない家庭のぬくもりを感じられるのはもちろんのこと、何よりも愛情が詰まっていてうれしいものです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「彼女に手料理をふるまってもらうためのお願いトーク9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「最近、コンビニ弁当ばっかりなんだよね」と食生活の貧しさを訴える

    「思わず『何か作ろうか』と言っていました」(20代女性)というように、多忙な一人暮らしの男性ならではのみじめさを強調してみる方法です。「カップ麺はもう飽きた!」といったトークも同様の効果が望めるでしょう。