デート後にぬかりなく送信!女性を胸キュンさせるLINE9パターン


デート後に想いのこもったLINEを送ることで、女性へ真剣さを伝えることができるようです。では、どんなメッセージが女性の心をつかむのでしょうか。そこで20代、30代の既婚女性読者への調査を元に、「デート後にもらうと女性が『私のことが本気で好きなんだ』とキュンとするLINE9パターン」をご紹介します。

  • 【1】特別な時間だったことが伝わる「今日はとても楽しかったよ」

    「『すごく』とかポジティブな言葉があると好きなんだなと思う」(20代女性)というように、心から楽しかったことを伝えると、女性は「私に本気なんだ」と思うようです。うれしさを表す絵文字やスタンプで、ハッピーな気持ちを強調するといいでしょう。

  • 【2】時間を忘れるほど楽しかったと分かる「時間があっという間に過ぎてしまいました」

    「相手のことが好きだからこそ早く感じる」(30代女性)と、デートが短く感じたというメッセージは、女性に名残惜しさが伝わるようです。もし相手から「私も」と返信があれば、脈ありを期待できそうです。

  • 【3】デートの余韻に浸っているのかと思える「今日はいい夢が見れそう」

    「楽しかったからこそ、いい夢が見れると思うので」(20代女性)と、男性が幸せそうに眠りにつく様子が思い浮かぶようです。「夢の中でも会いたい」と添えれば、さらに女心をつかめるかもしれません。

  • 【4】もっと興味を持ってもらえたと感じる「今日は君の知らない一面を知れてうれしかったよ」

    「いい意味で相手の想像を裏切れたのかなと思う」(20代女性)というように、イメージと違う自分を知ってもらうことで、さらに好意を持ってもらえたと女性は解釈するようです。お互いに少しずつ違う面を見せあうことで、距離が縮まるのではないでしょうか。

  • 【5】さっそく次のデートへ誘ってくれる「次は、どこに行きたい?」

    「早く会いたい気持ちが伝わる」(30代女性)と、すぐに次の約束をしたがる男性に、真剣さを感じるようです。デート中に女性が興味のあるものを聞き出せば、次のデートも自然に誘えるかもしれません。

  • 【6】好意をストレートにぶつけてくれる「もっと一緒にいたかったな」

    「好きじゃない人とは、もっと一緒にいたいとは思いません」(20代女性)と、男性が寂しがっているのがよくわかるセリフのようです。普段は口数が少なく不器用なタイプの男性が言うと、女性をキュンとさせられるでしょう。

  • 【7】離れているときも気遣ってくれるのが嬉しい「暖かくして寝ろよ」

    「『おやすみ』なら誰にでも言うけど、大事に思ってくれてるんだなと思う」(20代女性)と体調を気遣う優しさに、女性は大切にされていると感じるようです。ほかにも「遅くまで付き合わせたから、明日、電話で起こそうか?」など翌日のことまで気を配ると、さらに喜ばれるかもしれません。

  • 【8】別れた後も自分のことが頭から離れないのが分かる「今何してる?」

    「さっき別れたばかりなのに、私のことが気になってるんだと思う」(20代女性)と、自分を気にかけてくれる言葉に、本気度を感じるようです。ただし二人の距離が縮まる前の段階だと、「付き合うと面倒くさいタイプかも!?」と敬遠されるので注意しましょう。

  • 【9】真剣さが感じられてグッとくる「今日は緊張した」

    「好きじゃない相手には緊張しないし、わざわざそんな恥ずかしいことを書かないから」(30代女性)と、意外な本音にキュンとくる女性が多いようです。普段冷静なタイプの人が言うほど、女性のことを強く想う気持ちが伝わりそうです。

デートした女性と付き合うためには、男性が遊びではないという真剣な気持ちを伝えることが何より大切なのではないでしょうか。帰宅後のさりげないフォローがより良い印象となり、次のデートへとつながるかもしれません。(鈴木かんな)
Photo:All images by iStock