土用の丑の日デートを盛り上げる「うなぎギャグ」9パターン

「うなぎを食べる」という目的がはっきりしているため、女性をデートに誘いやすい「土用の丑の日」。地味でベタな印象を与えないためにも、会話の節々にうなぎネタをぶっ込んで、楽しいイベントにしてあげましょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性136名に聞いたアンケートを参考に「土用の丑の日デートを盛り上げる『うなぎギャグ』9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「暇つぶしに、ひつまぶし食べに行かない?」

    「ギャグを混ぜたほうが気軽にデートに誘えるから」(20代男性)など、誘い文句としてダジャレを活用するパターンです。もちろん、1発でOKが出るほど面白くはないので、相手が一瞬でも笑ってくれたら、そこを突破口にガンガン攻めて、その気にさせてしまいましょう。