花火大会デートで「なんとかして!」と彼女を怒らせてしまう瞬間9パターン

いつもとは違う雰囲気の中で、ふたりの距離を縮められる「花火大会デート」。でも準備を怠ると、不意のアクシデントに対応できず、彼女をイラつかせてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性238名に聞いたアンケートを参考に「花火大会デートで『なんとかして!』と彼女を怒らせてしまう瞬間」をご紹介します。

  • 【1】下駄履きの足を誰かに踏まれたとき

    「爪から流血してても、場所取り優先!?」(10代女性)というように、彼女の怪我や体調不良を押してまで花火見物を続行しようとすると、ひんしゅくを買ってしまうかもしれません。万一に備えて、会場内の救護所を調べておくと安心でしょう。
  • 【2】彼女の知らない友人達に出くわし、「合流しよう」と誘われたとき

    「『断って』って目配せしてるのに! 煮え切らない態度にキレかけた」(10代女性)というように、特別なデートを台無しにするようなふるまいは、悪気はなくても地雷を踏むでしょう。友達にはあとでフォローを入れて、当日は彼女の希望を優先したほうがよさそうです。