「誕生日のサプライズ」で、正直引いてしまった仕掛け9パターン

  • 【5】読んでいるだけで赤面してしまいそうな「ポエムのメール」

    「『好き』な気持ちをストレートに伝えてくれればいいのに…」(10代女性)というように、詩で彼女を感動させるのは、ハードルが高いと思ったほうがよさそうです。真っ直ぐな気持ちをストレートにしたためたラブレターのほうが、心に届きやすいでしょう。
  • 【6】気持ちがこもりすぎて怖い「肖像画の進呈」

    「飾れないし、捨てられないし、怖いし」(20代女性)というように、中途半端に完成度の高い「肖像画」も、相手を戸惑わせてしまうおそれがあるようです。絵で生計を立てている人ならともかく、そうでない人は避けるのが無難でしょう。