「誕生日のサプライズ」で、正直引いてしまった仕掛け9パターン

  • 【3】キザすぎる「年齢と同じ数のバラのプレゼント」

    「持ち歩くのが恥ずかしいし、家に花瓶ないし」(20代女性)というように、せっかくゴージャスな花束を奮発したのに、困惑されてしまったパターンです。とはいえ「お花をもらうのは嬉しい」(20代女性)という女性は多いので、小さな花束+プレゼントの組み合わせなら喜ばれるかもしれません。
  • 【4】正直、微妙な「自作ラブソングの披露」

    「本人は気持ちよさげでしたけど…」(20代女性)というように、素人によるオリジナル曲は、聞き人を気恥ずかしい思いにさせてしまう場合があるようです。「私の歌を作って」と頼まれたのでなければ、別のサプライズを考えましょう。