告白前にわかっていたはずの「脈なしサイン」9パターン


片想いのハイテンションが続くと、客観的に見ればどう考えても成功する見込みのない恋愛に突っ走ってしまうことがあります。とはいえ、できれば誰しも傷つきたくはないのではないでしょうか。そこで今回は10代から20代の独身男性179名に聞いたアンケートを参考に「告白前にわかっていたはずの『脈なしサイン』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】向こうからメールや電話をもらったことが一度もなかった

    「律儀に返信してくれるから、まったく好意がないとは思いもよらず…」(10代男性)というように、自分ばかりが一方的にアプローチしていたパターンです。告白をする前は、しばらく自分からの連絡を絶ち、相手の出方を見てみると、頭を冷やすことができるかもしれません。