キスを拒まれたあとの気まずさを払拭するリアクション9パターン

デート中に思い切ってキスを仕掛けるなら、アフターフォローまで気を配ることを忘れてはいけません。とくに成功しなかった場合は、空気を和ませるところまで責任を持つ必要があるでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性169名に聞いたアンケートを参考に「キスを拒まれたあとの気まずさを払拭するリアクション9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「うそうそ、冗談だよー」と笑ってごまかす

    「重く考えないでほしいから」(10代男性)というように、本気度の低さを伝えることで相手の気持ちをラクにさせる方法です。とはいえ、自分の気持ちをごまかしてはいけません。空気が和んだら、「君への気持ちは本気だよ」と好意を伝えて誠実さをアピールしたいところです。
  • 【2】「明日も仕事だっけ?」と話題を変えてお茶を濁す

    「沈黙が続くのだけは避けたい」(20代男性)など、あえてキスとは関係ない話をして、落ち着きを取り戻すのもよさそうです。ちょっと無理をしてでもさわやかな笑顔をキープして、簡単には折れないハートの強さを見せておきましょう。