ランチ中「彼女にはしたくない」と思った同僚女性の振る舞いあるある

1399100400821 200x200

見た目がタイプの女性でも食事時のマナーがNGだと、即効「恋愛対象外」とみなす男性は多いようです。そこでスゴレン男性読者へのアンケートから「ランチ中『彼女にはしたくない』と思った同僚女性の振る舞い」を紹介します。


◆「なんか食欲ないわ」と料理をつつき回した挙げ句にほとんど残す
・「個人的に、いっぱい食べる女子のほうが好きなので」(20代男性)
・「食べ物を残す女の子とは一緒に食事をしたくない」(30代男性)
・「こういう子に限って、会社でやたらお菓子を食べてる気がする(笑)」(20代男性)

◆「ピーマンも嫌いだしお肉もダメ」と好き嫌いが激しすぎて、なかなかメニューを決められない
・「貴重なランチタイムがどんどん浪費されるので、イライラします」(20代男性)

◆「これ、おいしくなーい」と料理に文句ばかり言う
・「おいしくないと言われると、こっちまでマズくなってきちゃいます」(20代男性)

◆「ウコンとかないかしら」と二日酔いで、会話も盛り上がらない
・「具合悪そうで食も進まないし、こっちまで気分が悪くなりました」(30代男性)


多くの男性にとって、食事の時間を楽しく共有できない女性は彼女候補外となるでしょう。ランチなら夜ほどかしこまった雰囲気になることもないため、女性も気になる同僚女性との価値観の相違を図れる絶好のチャンスと言えそうです。