実は重荷に感じている「彼女とのルール」あるある

1397983079227 200x200

付き合い立てのとき、交際する上での約束事を決めるカップルは多いようです。しかし一方で、日が経つにつれ「息がつまる…」と密かに後悔している男性も少なくありません。今回はスゴレン男性会員に「実は重荷に感じている『彼女とのルール』あるある」について聞いてみました。


◆一日一回、電話をかけなければいけない
「仕事で疲れているときには早く眠りたい」(20代男性)
「縛られているようで萎える」(20代男性)
「毎日電話で話していると、会ったときに会話のネタがなくなる」(30代男性)

◆頻繁に男友達とお酒を飲みに行ってはいけない
「毎週末、友達と飲みに行ってたら、彼女が怒って禁止された」(30代男性)

◆メール・電話など、ほかの女性との交流禁止
「仕事で連絡をとらなきゃいけない女性もいるのに…」(20代男性)

◆記念日には必ず「サプライズ」なお祝いをしないといけない
「毎回違うことを考えるのがしんどい」(20代男性)


約束事をしたがる女性は、少々束縛心が強い傾向にあるのかもしれません。「自分だけを見ていてほしい」という表れで、一途な証拠ではあります。しかし結果的に負担になるような約束は本末転倒。禁止や義務といったガチガチに固い約束事は、二人で話し合って初めからしないほうが賢明です。(Office Ti+)