彼女を「オバさんっぽい」と思った瞬間あるある

1397981301831 200x200

まだ若いと思っていた彼女がふと「オバさん」に見えてしまった経験がある男性は意外と多いようです。無意識の「オバさんくさい行動」を、見て見ぬフリをしたことのある人もいるのでは? 今回は「彼女を『オバさん化したな』と思った瞬間」について、スゴレン男性会員の皆さんに聞いてみました。


◆身振りを加えながら、「あら、やだ」などと言っていたとき
「これぞオバさんっぽい仕草」(20代男性)
「話相手の身体をバシッと叩きながら言う。しかも意外と痛い」(30代男性)
「都合が悪いと『あら、やだ』で乗り切ろうとしている。細かいことを気にしない感じがオバさんぽい」(20代男性)

◆話しながら、ボリボリお腹やお尻を掻いていたとき
「『母ちゃんか!』とツッコミを入れたくなる」(20代男性)

◆大きな声を上げながら、恥じらいもなくあくびをしていたとき
「オバさんというよりババアです…」(10代男性)

◆何か食べながらずっとテレビの前に座って動かないでいるとき
「『このまま肥満になるのか…』と思いやられる」(30代男性)


どんな女性でも年は取るし、交際期間が長くなれば「素」が出るものです。恋人を信頼している証拠でもありますが、行き過ぎた「オバさん化」は彼氏を男として意識していない可能性も。いつまでもキレイでいてほしいならば、オシャレスポットに出掛けたりなど、彼女がドキドキするようなデートを企画してみてはいかがでしょうか。(Office Ti+)