海外旅行中に堂々と「NO」を示す彼氏にホレボレした瞬間9パターン

  • 【3】現地ツアーで高額オプションをゴリ押しされそうになったとき

    「一方的にまくしたてられても、きっぱり『NO』と言ってくれて助かりました」(10代女性)というように、強引なセールストークを跳ね返す姿に頼もしさを覚えるようです。押せ押せモードの現地スタッフに負けないように、胸を張って意思表示をしましょう。
  • 【4】レストランで生バンドが頼んでもいない歌を歌い始めたとき

    「彼氏が断らなければ、危うく余計なサービス料を取られるところだった」(20代女性)など、素早い対応に感心されるパターンです。シチュエーションによっては気前良くチップを払うなど、臨機応変な振る舞いでスマートさを演出しましょう。