今となっては感謝している「彼女にいわれた苦言」あるある

1397552162304 200x200

彼女から欠点を指摘されるのは、あまり気持ちのいいものではありません。しかし後になって「あの時言ってもらってよかった」と思っている人も多いようです。今回はスゴレン男性会員を対象に「今となっては感謝している『彼女に言われた苦言』」について聞いてみました。


◆お礼の一言がないことをたしなめる「感謝の気持ちは言葉にしなきゃ伝わらない」
「大人になると誰も注意してくれないから、言ってもらって勉強になった」(20代男性)
「当たり前のことなのに、なぁなぁにしていたと反省した」(30代男性)
「悪気はなかったけど、すごく失礼なことをしていたと気づけてよかった」(10代男性)

◆食事のマナーが悪いことを注意する「食べ方が汚い」
「レストランで恥をかかずに済んだ」(20代男性)

◆自己中心的な考え方に対する「他人の気持ちをもっと考えたほうがいいよ」
「彼女の注意が一番効いた…」(20代男性)

◆デートの待ち合わせに繰り返し遅刻したことに対して「今度遅れたら別れるよ」
「謝ればいいという甘い考えを改めてくれた」(20代男性)


恋人の欠点を指摘するのは、女性にとっても苦しい行為。しかし好きだからこそ、勇気を出して注意しているものです。初めはショックを受けるかもしれませんが、素直に聞く姿勢が大切ではないでしょうか。頑に自分のやり方を曲げずにいると、人間的な成長にもつながりません。(Office Ti+)