プロポーズを決意させた彼女の言動あるある

1397292537531 200x200

「いつかは…」と思っていても、いざプロポーズとなるとタイミングに迷うものです。世の男性たちは実際どんな瞬間に、恋人から夫婦になることを決心するのでしょうか? 今回はスゴレン男性会員のアンケート結果をもとに「プロポーズを決意させた彼女の言動」について探っていきます。


◆知人の子どもを上手にあやしている姿を見て、「いい母親になりそうだ」と感じたとき
「自分の子どもにも愛情たっぷりで接してくれそう」(20代男性)
「子ども好きだとは思っていなかったので、ギャップにやられました」(20代男性)
「見せかけじゃない彼女の優しさにグッときた」(30代男性)

◆彼女の部屋に遊びに行ったら、居心地の良い演出でもてなしてくれたとき
「二人で暮らしても、居心地いい空間で毎日を過ごせそう」(20代男性)

◆体調を崩して寝込んでいたら、つきっきりで看病をしてくれたとき
「自分を心配してくれる人は彼女しかいないと思った」(20代男性)

◆家計簿をちゃんとつけているところを見たとき
「堅実な家庭を築けそう」(30代男性)


彼女から結婚を迫られたことがなくても、実はプロポーズを心待ちにしているということはよくあります。環境が整っているのであれば、一歩を踏み出す勇気が必要です。「長すぎた春」状態になって彼女に見切りをつけられないよう、「ピン!」ときた瞬間の直感を信じて、言葉にしてみてはいかがでしょうか。(Office Ti+)