【ランキング】ほぼ初対面での告白が失敗してしまう理由ワースト3

1396532166056 200x200

一度も話したことがないような女性に好意を伝え、あっさり撃沈してしまった経験がある方もいるでしょう。面識がない状態での告白が「無謀」なのには理由があるようです。そこで今回は『オトメスゴレン』女性会員へのアンケートをもとに、「いきなりの告白が失敗してしまう理由ワースト3」を発表します。


【1位】悪ふざけや、軽いナンパにしか思えなかったから(26票)
・「チャラ男が暇つぶしにやってる程度にしか感じない」(20代女性)
・「アラサーになると冗談みたいな告白に付き合う余裕はないです」(30代女性)
・「遊ばれるのはこりごりなので」(20代女性)

【2位】「なんで私のこと知ってるの!?」と怖かったから(25票)
・「『まさかストーカー!?』って思っちゃいますよね、普通」(10代女性)
・「乗る電車が一緒とか言われても、こっちは気付いてないですから」(20代女性)

【3位】「性格も知らないくせに」と自分の外見にしか興味がなさそうだから(22票)
・「見た目だけで好きになられても、真剣さは感じない…」(30代女性)
・「『君のここが好きだ』なんて言っても、話したことないから全部予想ですよね」(20代女性)


面識のない女性に告白するのはかなりハードルが高いようです。学校の違うクラスや社内の違う部署の女子が相手の場合、まず自分のネットワークの中に彼女の友人や知人がいないかどうかリサーチしてみましょう。意中の女性の友人か知人がいるようであれば、その人づてに紹介してもらい友達関係から始めるのがいいのではないでしょうか。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計156名(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2014年3月6日現在