「恥ずかしくて言えない!」けれど、本当は彼氏にしてほしいこと9パターン

  • 【6】「執事の恰好」など、自分好みのコスプレをしてほしい

    「想像力がたくましすぎる私に付き合ってください!」(20代女性)など、最愛の彼氏だからこそ、「理想のキャラ」に扮した姿を見てみたいという声もあります。彼女が漫画やアニメ好きなら、自分からコスプレの提案をしてみてはいかがでしょうか。

注目の記事(男性)

注目の記事(女性)