「恥ずかしくて言えない!」けれど、本当は彼氏にしてほしいこと9パターン

「彼氏ができたら○○をしてほしい」という願望を胸に秘めたまま、口に出せずにいるシャイな女の子もいるようです。彼女たちはいったいどんなことを妄想しているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性286名に実施したアンケートを参考に「『恥ずかしくて言えない!』けれど、本当は彼氏にしてほしいこと」をご紹介します。

  • 【1】頭を「ヨシ、ヨシ」と撫でてほしい

    「ポンポンされるのもいいかも(笑)」(10代女性)というように、彼氏にナデナデされたいと思っている甘えん坊の女の子は多いようです。彼女が何か頑張っているときは、「えらかったね」などと声をかけながら、やさしく頭に触れてみてはいかがでしょうか。
  • 【2】誕生日などの記念日は、サプライズを企画してほしい

    「さすがに自分から『サプライズして』とは言えないでしょう」(20代女性)というように、特別な日が近づくと、彼氏がどんなことをしてくれるのか期待している女の子もいます。記念日には、彼女に見つからないよう手のこんだイベントを実施しましょう。