「婿入り」することになったら、心掛けておきたいこと9パターン

愛する彼女の家庭環境次第では、「婿入り」が結婚の最低条件だとされることがあるでしょう。男性にとっては勇気が必要な選択かもしれませんが、いくつかの心構えを持っておけばハッピーな「お婿さんライフ」を楽しめることも確かです。そこで今回は、10代から30代の男性203名に聞いたアンケートを参考に「『婿入り』することになったら、心掛けておきたいこと9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「婿養子になるか否か」を、早い段階で熟考すべし

    「相手の親から選択を迫られる可能性が高そう」(20代男性)というように、入籍前に直面する「婿養子」問題は早めに答えを用意しておきたいところです。先方の相続権の有無を左右するだけに、勢いで決めるのではなく、自分の親をはじめ周囲の意見を聞いてみましょう。