女の子を「守ってあげたい!」と思う瞬間あるある

1394194924597 200x200

女性の「弱さ」に直面すると男性特有の保護本能が働くものです。では一体どういうときに「守ってあげたい」意識が働くのでしょうか? 今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「女の子を『守ってあげたい!』と思う瞬間」を紹介します。

◆ビンのフタがかたくて開けられないとき
・「あー、自分より弱いんだなって実感する」(20代男性)
・「『開けて』と済まなさそうに頼んでくるときがかわいい!」(30代男性)
・「一生懸命開けようとする姿がたまらない」(20代男性)

◆小さな虫から逃げ回っているとき
・「クモにキャーキャー騒いでいる姿に胸キュン」(20代男性)

◆雷の音を怖がって耳をふさいでいるとき
・「仕草が女の子っぽくていいな」(20代男性)

◆ちょっとした荷物を重そうに運んでいるとき
・「いろいろ助けてあげたくなっちゃう」(20代男性)


普段はしっかり者に見える女性や気が強そうな女性などが弱さを見せたときなどは、なおさら男心をくすぐるものです。好きな女性には頼りがいのある男ということを行動で示して、今度は女性を胸キュンさせましょう。