【ランキング】女性をイラッとさせる別れの言葉ワースト3

1393939772524 200x200

自分から別れを告げるというのは正直辛いものかもしれません。だからといって中途半端なセリフで済ませようとすると、余計に相手を怒らせてしまうこともあるようです。そこで今回は『オトメスゴレン』女性会員へのアンケートをもとに、「女性をイラッとさせる別れの言葉ワースト3」を発表します。

【1位】「好きだけど…」と、どう考えても矛盾した前置きをする(208票)
・「一緒にいても全然楽しそうじゃなかったのに、下手な気休めはやめてほしい…」(20代女性)
・「言葉を濁して、理由をはっきり言わないのは男らしくない!」(30代女性)
・「『私の何がダメだったんだ』ってすごいモヤモヤする」(20代女性)

【2位】「別れた方がお前のためだから」と、相手を思いやったように見せかける(196票)
・「私のためって言ってるけど、単なる責任転嫁だと思う」(20代女性)
・「なんで上から目線なのかわからないし、結局納得できるような理由を言わないから腹が立ちます」(20代女性)

【3位】「お前は何も悪くない。悪いのは全部俺」と、女性からの非難を予防する(189票)
・「『なにカッコつけてるの?』って逆に頭にきます」(20代女性)
・「自分が悪者になって、うまいこと事態を収めようとしてる魂胆が見え見え」(30代女性)


相手を気遣っているような言葉も女性からしてみれば、ただの言い逃れにしか聞こえないようです。特に1位、2位は自身が悪者になることを恐れているように思われかねません。別れる理由ははっきりと伝えるようにしないと、女子の間で「適当な男」や「自己中な奴」などの噂が立ってしまい、後の恋愛に思わぬ支障をきたしてしまうのではないでしょうか。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計1421名(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2014年1月21日現在