「元カノと共通の知人」に対するNG行為9パターン


彼女と別れたあと、特に神経を使いたいのが「共通の友達」への態度。うっかりグチをこぼしたら元カノに筒抜けだった…なんてことがないよう、気を使いたいところです。そこで今回は、10代から30代の独身男性203名へのアンケートを参考に「『元カノと共通の知人』に対するNG行為」についてご紹介します。

  • 【1】「別れに至ったいきさつ」を誰にでもベラベラ話す

    「隠し事のできない性格なので、ついしゃべってしまったら大問題に…」(20代男性)というように、当事者しか知らないはずのことがいつのまにか広まっていたら、一気に信用を失うでしょう。誰かに聞かれても「二人の問題だから」と黙秘を通したほうが、男らしいと思ってもらえるかもしれません。

  • 【2】「ブスのくせに」などと、手のひらを返したように元カノを悪しざまに言う

    「別れた女をおとしめる人間は、男から見てもドン引きです」(30代男性)というように、ショックのあまり元カノの悪口を吹聴すると、本人だけでなく周囲ともギクシャクしてしまうおそれがあります。「いい子だった」とあくまで顔を立てるのが無難でしょう。

  • 【3】待ってましたとばかりに恋人募集中であることを触れ回る

    「『誰か紹介して』と触れ回ったら、いろんな人に怒られました(苦笑)」(30代男性)というように、あからさまに「新しい恋」を探すのもいい印象を与えないでしょう。合コンを企画するとしても、共通の知人を含まないメンバーを誘ったほうがよさそうです。

  • 【4】「次はおとなしいコがいいな」など、あてつけがましく願望を語る

    「『今度は巨乳のコを探す』と宣言したら、元カノの友達にひっぱたかれた」(30代男性)というように、別れた腹いせにイヤミがましいことをぶちまけるのは考え物です。本音はともかく、しばらくは口をつぐんでおくのが得策でしょう。

  • 【5】「寝起きの口がクサい」などと、元カノの秘密を暴露する

    「こっちも『エッチが下手』と最大の秘密をばらされた!」(20代男性)というように、勢いに任せてあることないことさらしていたら、とんだしっぺ返しをくらったケースです。女性同士の噂話は伝わるのが速いので、軽はずみなことを言わないほうがいいでしょう。

  • 【6】「あいつ男できた?」などと、しつこく仲間に探りを入れる

    「『おまえ、憐れだからやめろよ』と親友に止められた」(20代男性)というように、元カノの「その後」を詮索して回るのも、「イタい男だ」と見なされてしまいます。自分の評判を下げないためにも、ここはぐっとこらえましょう。

  • 【7】元カノとの行為を連想させる下ネタを口にする

    「『脱がせたら下着の跡がついてる女っているよね』と何の気なしに話したら、みんなうつむいてしまった…」(20代男性)というように、酔った弾みとはいえ、聞く人に何かを想像させてしまうのも問題でしょう。「誰もが知るカップル」だった場合には、発言に気を付けたほうがいいかもしれません。

  • 【8】新しい恋の始まりをわざわざ皆に知らせる

    「浮かれて新しい彼女を披露したら、仲間の目線が冷たかった…」(20代男性)というように、元カノと共通の知人が、必ずしも「次の恋愛」を応援してくれるとは限りません。いい出会いがあっても、しばらくはおとなしく様子をみたほうがいいでしょう。

  • 【9】人前であからさまに元カノを無視する

    「気まずくて元カノとの接触を避けてたら、『おまえのせいで空気が悪くなる』と責められました」(30代男性)というように、個人的な事情のせいで、周囲に気まずい思いをさせてしまうのも避けたいところです。普通に接するのが難しいとしても、礼儀正しい態度だけは心掛けましょう。

元カノとの共通の知人たちは、自分と相手をつなぐパイプラインともいえます。彼らに話した情報は全て元カノの耳に入ると心得て、多くを語らないのがマナーかもしれません。(持丸未来)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計203名(10代、20代、30代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査