「別れたいならはっきり言えば?」と彼女を怒らせるあいまいな態度9パターン

交際中の彼女への想いが冷めてしまっても、本人にはなかなか言い出しにくいもの。だからといって半端な気持ちで付き合っていると、無駄に修羅場を招く結果になりかねません。そこで今回は、10代から30代の独身女性193名に聞いたアンケートを参考に「『別れたいならはっきり言えば?』と彼女を怒らせるあいまいな態度」をご紹介します。

  • 【1】二人きりなのにスマホに熱中して、会話を避ける

    「『一緒に過ごせばいいんだろ』みたいな態度がむかつく!」(20代女性)というように、義務のように彼女の前にいるだけで、顔すら見ようとしないのは、会うのを拒否するよりも失礼かもしれません。続けても誰の得にもならないので、別れたいなら早めに意思表示をしたほうがいいでしょう。
  • 【2】デートのプランを打診されても、あいまいな返事で煙に巻く

    「GWの旅行の話をしてもスルー。『そのころにはもう別れてるし』って顔に書いてあるよ…」(20代女性)というように、先の話を避け続けたら、ぼんやりタイプの彼女でも「別れたいんだ」とピンとくるでしょう。気持ちが完全に冷めているなら、ダラダラとつなぎ止めておくのは残酷かもしれません。