「もっと努力しておけば」と元カノに対して申し訳なく思うこと9パターン

恋人と別れる原因は色々ありますが、当時は気付くことができなかった「自分の努力不足」を思い出し、今でも後悔している男性は多いようです。そこで今回は10代から30代の独身男性197名に聞いたアンケートを参考に、「『もっと努力しておけば』と元カノに対して申し訳なく思うこと9パターン」をご紹介します。

  • 【1】一緒に過ごす時間をしっかり確保しておけばよかった

    「仕事ばかりで3ヶ月も会わなきゃフラれるわな…」(20代男性)など、忙しさにかまけてデートの時間を作らなかったことを後悔する男性は多いようです。予定をやりくりして少しでも顔を見にいくなど、寂しく待っている彼女への心遣いを忘れてはいけないでしょう。
  • 【2】無理に「カッコいい男」を演じず、本音で接すればよかった

    「彼女に素の自分を見せるのが怖かった」(20代男性)というように、彼女に嫌われたくない一心で、無理なキャラクターを演じていたという男性もいます。カッコつけることも多少は必要ですが、ありのままの自分を見せなければ、表面的な付き合いで終わってしまいそうです。