彼女が「ごめん、一人にしてくれる?」と言い出したときの本当の理由9パターン


いつもはゴキゲンな彼女が、ある日突然「一人にしてくれる?」と言い出したら、二人の関係にヒビを入れないためにも、慎重に対応したいところです。そこで今回は、10代から30代の独身女性187名のアンケートを参考に「彼女が『ごめん、一人にしてくれる?」と言い出したときの本当の理由』についてご紹介します。

  • 【1】彼氏に気を使わず、思いっきりのんびりしたいから

    「だらしない格好でゴロゴロしながら漫画でも読みたい…」(30代女性)というように、たまには一人っきりで羽をのばしたいと思っているパターンです。しつこく真意を追及するより、「ゆっくり休みな」と寛容に受け止めたほうがいいかもしれません。

  • 【2】仕事に疲れて彼氏を構ってあげる余裕がないから

    「彼には悪いけど、決算前は会社のことで頭がいっぱい」(20代女性)というように、仕事の繁忙期には「正直、放っておいてほしい」と願う女性もいます。彼女のほうから声がかかるまでは、そっと静観するのが無難でしょう。

  • 【3】四六時中べったりしたがる彼氏をちょっとウザいと思っているから

    「大人なんだから、もう少し自立してほしい…」(30代女性)というように、度を越した甘えん坊ぶりが彼女に疎まれているケースです。「そんなこと言わないで」などとつきまとうと、余計に嫌われてしまうので、ここはじっとこらえましょう。

  • 【4】たまには「自分のやりたいこと」に没頭できる時間が欲しいから

    「彼のことは好きだけど、それが『生活のすべて』になるのは違うと思います」(20代女性)というように、どんな状況であっても、プライベートな時間を確保したい女性もいます。「俺のことが嫌なの?」としつこくせずに、理解を示したいところです。

  • 【5】彼氏といてもつまらないから

    「この先もつき合い続けていいのか、じっくり見極めたい」(20代女性)というように、二人の交際に迷いが生じている可能性もあります。「もしかして…」と思ったら、普段の行動を見直すのはもちろん、彼女を退屈させないデートの工夫を考えたほうがいいでしょう。

  • 【6】生理前でイライラしていて、他人に邪魔されたくないから

    「理屈じゃどうしようもないので放っておいてほしい」(30代女性)というように、ときには体調の問題で彼氏を遠ざけようとすることもあるでしょう。必要以上に構っても迷惑がられてしまうので、「何かあったら頼ってね」と伝える程度に留めておくのがよさそうです。

  • 【7】彼氏の好みに合わせすぎて自分を見失いかけているから

    「自分に自信がなくなって、距離を置きたくなることがある」(20代女性)というように、自分のペースを取り戻したくて、一人の時間を所望する人もいます。彼女に無理をさせてしまっていると感じたら、「どんな君でも好きだよ」と言って安心させてあげましょう。

  • 【8】彼氏の「許せない欠点」を責めてしまいそうだから

    「不用意に傷つけたくないからそばにいたくない」(20代女性)というように、取り返しのつかない喧嘩を避けるために、会うのを控えたがるケースです。彼女から冷静に切り出してくるまではそっとしておいてあげたほうが、別れを早めずにすむかもしれません。

  • 【9】ほかに気になる人ができてしまったから

    「彼には申し訳ないけど、ちゃんと顔を見られる自信がなくて…」(30代女性)というように、ほかの男性に気持ちが揺れ始め、罪悪感からそっけなく振る舞うパターンです。いっそ自分から一気に距離を置いてみると、案外あっさり帰ってくることもあるので慌てずに対処しましょう。

「そっとしておいてほしい」と言い出した彼女の心をこれ以上離れさせないためには、言い分通り、そっとしてあげるのが最善の策だといえるでしょう。余裕があることをアピールする絶好のチャンスと捉え、彼女から何か言ってくるまでは静かに待っていてあげたいところです。(持丸未来)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計187名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock